映画 キングダム レビュー

映画 キングダム レビュー

映画キングダムを観ました。

内容はこんな感じ。

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久のベストセラー漫画を山崎賢人主演で実写映画化。紀元前245年、春秋戦国時代の中華西方の秦の国。戦災孤児の少年・信と漂は天下の大将軍になることを目標に掲げ、日々の剣術の鍛錬に励んでいた。王都の大臣・昌文に召し上げられた漂が王宮へ入り、信と漂はそれぞれ別の道を歩むこととなる。山崎が主人公の信を演じ、吉沢亮、長澤まさみ、橋本環奈、本郷奏多、満島真之介、高嶋政宏、要潤、大沢たかおらが顔をそろえる。監督は「アイアムアヒーロー」「いぬやしき」「図書館戦争」などの佐藤信介。

感想

原作ファンなので、ある程度は覚悟して観たが、それなりに楽しめた。よくできていたと思う。映画で描いているところが、原作で最もつまらないエピソードなのだが、原作を知らない人でも、わかるように丁寧に作っていたと思う。まあ、その分、前半の間のびは否めないが。それと、BGMがいちいち仰々しいのも若干気になった。

吉沢亮、長澤まさみ、本郷奏多あたりのキャラの完成度は高かったと思う。主人公と物語の核になる、山﨑賢人と大沢たかおは、どうしても賛否が分かれると思うが、僕は、過去に、映画デビルマンという実写化映画史上最悪の映画を観ているので、それほど気にならなかった。

続編があれば、期待したい。話が面白くなっていくことは間違いないので。

ただ、僕がこの映画で、最も驚いたことは、期待の超大作なのに、一番大きいスクリーンでなかったこと。一番大きいスクリーンは、名探偵コナンでした。コナン、恐るべし!