現場紹介 AJ邸 造作

現場紹介です。

外では外壁のサイディングが運び込まれ、取り付けが始まっています。中では、石膏ボードで壁を造作しています。この時点で、ニッチなどの造作も進めます。

現場紹介 I邸 造作

現場紹介です。

立ち上がりのコンクリートを打設しました。上端には水平にするためのレベラーというモルタルを施工します。また、土台と緊結するための金具アンカーボルトも同時に施工しています。

映画 「モンスターハンター」 レビュー

映画「モンスターハンター」を観た。

内容はこんな感じ。

2004年の第1作発売以降シリーズ累計6500万本を売り上げるカプコンの大ヒットゲームシリーズ「モンスターハンター」を、ハリウッドで実写映画化したアクションアドベンチャー。同じくカプコンの人気ゲームを原作に大ヒットを記録した「バイオハザード」シリーズの主演ミラ・ジョボビッチ&監督ポール・W・Sアンダーソンが再タッグを組んだ。エリート特殊部隊を率いる軍人アルテミスは砂漠を偵察中、突如発生した超巨大な砂嵐に襲われ、必死に逃げるものの一瞬にして巻き込まれてしまう。強烈な突風と激しい稲光の中で気を失ったアルテミスが目を覚ますと、そこは元いた場所とは違う見知らぬ異世界だった。その世界には近代兵器の通用しない巨大なモンスターが跋扈(ばっこ)し、そんなモンスターの狩猟を生業とするハンターがいた。アルテミスは元の世界に戻るため、次々と迫りくる巨大モンスターと激闘を繰り広げていく。「ワイルド・スピード SKY MISSION」などのハリウッド作品でも活躍するタイのアクション俳優トニー・ジャーや、「ヘルボーイ」のロン・パールマンが共演。日本からも山崎紘菜が参加し、ハリウッドデビューを飾った。

 

感想

良くも悪くも、期待を裏切らない映画。

ザ「娯楽映画」。

予備知識なしで、十分楽しめる。一緒に鑑賞した小3の息子にも理解できるくらいの分かりやすい内容。難解なところは皆無。ゲームは知っているけど、したことはないが、十分に世界観を再現できているように感じた。日本語吹替で観たのだが、豪華な声優陣なのだが、そこまでする必要はなかった気がした。全体の8割程度が、登場人物2人の世界なので。松坂桃李が声優をしているのだが、その起用も正直疑問が残った。なんせ、吹替版なのにほとんど日本語を話さないのだから。見た後は何も残らない映画だが、娯楽映画とは基本そんなもの。