現場紹介 Y様邸 造作

現場紹介です。

外壁のサイディングは張り終りました。あとは継ぎ目をシーリングしていきます。中では天井の造作が続いています。天井に使う材料は軽いものを使います。地震時に、被害を拡大しないためです。

現場紹介 Y様邸 造作

現場紹介です。

外では、軒天に杉板を張っています。杉板は、プラネットカラーという自然塗料で塗装しています。中では、気密検査を行っています。弊社の気密住宅は、気密検査を実施して数字で気密度の科学的な根拠を示すようにしています。

現場紹介 U様邸 造作

現場紹介です。

1Fの壁の下地に針葉樹の構造用合板12ミリを張っています。この上に石膏ボードを張るわけですが、このことにより、壁のどこにでも釘やビスを打ち込むことができます。

現場紹介 U様邸 造作

現場紹介です。

外では、軒天にサイディングを張っています。外壁を張るのにも順番があり、軒天勝ち(軒天を先に施工)にしてから、外壁を張っていきます。中では、断熱材を充填しています。